×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 栃木県・那須塩原市・高木会館

  ホーム那須塩原市>高木会館
【 概 要 】−高木会館は大正5年に黒磯銀行(大正7年:1918年開業、昭和10年:1935年に廃業、その後は頭取だった高木家が所有。)本店として建てられた建物です。石造2階建てで、正面性を強調する為、正面は芦野石、それ以外は大谷石と同じ石材でも種類を変える工夫が見られ、パラペットは高く上げ櫛型風としてレリーフを施すなどデザイン化しています。縦長の上げ下げ窓を採用し2階の正面の窓にはファンライトと呼ばれる半円形の欄間が設えられるなど洋風建築の要素が随所に見られます。大正時代に建てられた地方の銀行建築を伝えるものとして大変貴重な存在で高木会館は平成14年に国登録有形文化財に指定されています。
スポンサードリンク

高木会館(那須塩原市):周辺の見所

合三寺 嶽山箒根神社 高木会館 薬王寺
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。