栃木県・二宮町(真岡市)

  ホーム>二宮町(真岡市)

二宮町(真岡市):一覧

専修寺
専修寺
概要: 創建は嘉禄元年、真岡城主大内氏の懇願により親鸞が一光三尊仏を安置し堂宇を建立したのが始まり。親鸞は7年間留まり北関東の布教の中心として地位を固め、嘉禄2年には後堀川天皇から勅願寺の綸旨を受けています。
三谷草庵
三谷草庵
概要: この地は親鸞が専修寺建立に際し、仮住まいをしたと伝えられています。親鸞縁の聖地として信仰の対象となり弘長2年に建立された"開山聖人御草庵"と刻まれた石碑や親鸞が使用したという"聖人御自用泉"などがあります。
芳全寺
芳全寺
概要: 創建は天文14年に当時の下館城主水谷蟠龍斎によって建立されたのが始まり。江戸時代中期が最盛期となり修行学僧は200名を数え七堂伽藍が整備されました。享保年間に再建された山門、総門、弁天堂などがあります。
 
 
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。