二宮町・歴史・観光

  栃木県:歴史・観光・見所(ホーム)>二宮町
 栃木県の国宝
 ・ 日光東照宮
 ・ 輪王寺大猷院
 栃木県の国重
 ・ 輪王寺
 ・ 二荒山神社
 ・ 二荒山神社中宮
 ・ 滝尾神社
 ・ 本宮神社
 ・ 木幡神社
 ・ 荒井家住宅
 ・ 旧青木家別荘
 ・ 村檜神社
 ・ 鑁阿寺
 ・ 岡本家住宅
 ・ 専修寺
 栃木県指定文化財
 ・ 旧山縣有朋別邸
 ・ 虚空蔵堂
 ・ 日光真光教会
 ・ 高椅神社
 ・ 惣宗寺
 ・ 一瓶塚稲荷神社
 ・ 二柱神社
 ・ 今宮神社
 ・ 磯山神社
 ・ 医王寺
 ・ 高勝寺
 ・ 足利八幡宮
 ・ 春日神社
 ・ 瀧澤家住宅
 ・ 那須神社
 ・ 大雄寺
 ・ 宮原八幡宮
 ・ 鷲子山上神社
 ・ 大前神社
 ・ 海潮寺
 ・ 金鈴荘
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
二宮町・歴史・観光・見所
二宮町概要: 二宮町の歴史は古く天神山古墳など多くの古墳、墳墓などが散見出来、当時から中央との繋がりが強かった地域と考えられます。中世に入ると仏教が盛んになり、嘉禄元年(1225)真岡城主大内氏の懇願により親鸞聖人が専修寺を開山し北関東の布教の中心として大きな影響を与えます。又、二宮町一帯は小山氏の子孫である長沼氏が長沼城を拠点に周辺を支配、菩提寺である宗光寺や長沼八幡神社などを庇護し建物の造営などを行っています。長沼氏は観応3年(1352)に宗家が現在の福島県南会津町に移り、さらに庶流が文明3年(1471)に堀越公方との戦いで敗れたこの地を追われます。その後、二宮町は下館城主水谷氏の支配下に入り、江戸時代は旗本、真岡藩、下館藩、土浦藩、笠間藩、小田原藩など領地となり細分化されます。江戸時代後期になると各藩は経済的に疲弊し、特に小田原藩の飛領だった桜町領は石高が1/4程度に落ち込み二宮尊徳による農政改革が実行されました。
  スポンサーリンク
 
二宮町
二宮町・観光・見所
[ 付近地図: 栃木県二宮町 ]・[ 関係リンク: 二宮町 ]
二宮町 二宮町 二宮町 二宮町
二宮町・観光・見所
専修寺
専修寺
専修寺
三谷草庵
三谷草庵
三谷草庵
桜町陣屋
桜町陣屋
桜町陣屋
二宮神社
二宮神社
二宮神社
蓮城院
蓮城院
蓮城院
芳全寺
芳全寺
芳全寺
宗光寺
宗光寺
宗光寺
長沼八幡宮
長沼八幡宮
長沼八幡宮
長栄寺
長栄寺
長栄寺
 
二宮町
 
 
二宮町
 
 
二宮町
 
住宅設計

 

 

 

 栃木県観光・旅行見所ナビ:
|宇都宮市| 岩舟町| 佐野市| 氏家町| 鹿沼市| 小山市| 壬生町| 足利市| 大田原市| 栃木市| 那須塩原市| 日光市| 矢板市| 那須烏山市|
|真岡市| 那珂川町| 二宮町| 板室温泉| 中禅寺湖|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県WEB観光案内所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。