×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 日光東照宮

  栃木県の観光と歴史的建築物(ホーム)日光市:歴史・観光・見所>日光東照宮
日光東照宮
 ・ 石鳥居
 ・ 五重塔
 ・ 表門
 ・ 三神庫(想像の像)
 ・ 神厩(三猿)
 ・ 御水屋
 ・ 輪蔵(経蔵)
 ・ 日光東照宮:鐘楼
 ・ 本地堂(鳴き竜)
 ・ 陽明門(未完の柱)
 ・ 回廊
 ・ 神輿舎
 ・ 神楽殿
 ・ 祈祷殿
 ・ 日光東照宮:御本社
 ・ 坂下門(眠り猫)
 ・ 御宝蔵
 ・ 奥宮拝殿
 ・ 鋳抜門
 ・ 奥宮
日光山輪王寺大猷院
 ・ 仁王門
 ・ 宝庫
 ・ 水盤舎
 ・ 二天門
 ・ 人界庭園
 ・ 鐘楼
 ・ 夜叉門
 ・ 唐門
 ・ 拝殿
 ・ 本殿
 ・ 皇嘉門
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
日光東照宮・歴史・観光・見所
日光東照宮概要: 元和2年(1616)江戸幕府初代将軍徳川家康が死去すると遺言により一端久能山に埋葬され翌年元和3年(1617)に日光に改葬されました。翌年、朝廷から東照大権現の称号と正一位を与えられ東照社と称しましたが正保2年(1645)宮号を賜り、日光東照宮と改称しています。三代将軍家光は家康に対し特別な畏敬の念があり日光東照宮への参拝は19回に及び、寛永13年(1636)には社殿の大造営を行い現在に見られるような社殿群を建立しました。尚、2代将軍秀忠が建立した拝殿・唐門・多宝塔は徳川家発祥地の地とされる世良田東照宮へ移築され分霊を遷座しています。日光東照宮の総奉行は秋元泰朝、棟梁は甲良宗広一派が手掛け、将軍家の威光をかけた壮大華麗な社殿建築を創出しました。又、日光東照宮は政治的にも利用され、例祭には朝廷から奉幣使が派遣されたり朝鮮通信使が参拝に訪れたりし幕府、将軍家の権威付けが行われました。当初から天海僧上の主張もあり山王一実神道による神仏混合を採用し、薬師如来を本地仏を祀り他の日光山内の社寺と渾然一体となっていましたが、明治時代初頭に発令された神仏分離令により日光東照宮、二荒山神社、輪王寺の「二社一寺」に集約され日光東照宮は改めて正式の神社となっています。日光東照宮は現在でも多く社殿や寺宝を所持し特に本殿、石の間、拝殿、陽明門、回廊などは国宝に指定され、「三猿」、「眠り猫」、「想像の象」などの彫刻は日光三彫刻として名を馳せています。境内は輪王寺本坊、大猷院廟、二荒山神社などと共に「日光山内」として国指定史跡に指定され、「日光の社寺」として世界遺産に登録されています。
  スポンサーリンク
 
日光山内・日光の社寺・世界遺産
[日光東照宮]・[輪王寺]・[大猷院廟]・[二荒山神社]・[滝尾神社]・[本宮神社]・[四本龍寺]
日光東照宮
境内
日光東照宮:境内案内
石鳥居
石鳥居
石鳥居
五重塔
日光東照宮:五重塔
五重塔
表門
表門
表門
三神庫
三神庫
三神庫
神厩
神厩
神厩(三猿)
御水屋
御水屋
御水屋
輪蔵
輪蔵
輪蔵
鐘楼
鐘楼
鐘楼
本地堂
本地堂
本地堂
陽明門
陽明門
陽明門
回廊
回廊
回廊
神輿舎
神輿舎
神輿舎
神楽殿
神楽殿
神楽殿
祈祷殿
祈祷殿
祈祷殿
御本社
御本社
御本社
坂下門
坂下門
坂下門
御宝蔵
御宝蔵
御宝蔵
奥宮拝殿
奥宮拝殿
奥宮拝殿
鋳抜門
鋳抜門
鋳抜門
奥宮
奥宮
奥宮
住宅設計

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 栃木県」、「栃木県の歴史」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「日光例幣使街道」、「日光西街道(壬生通り)」、「日光街道」を参考にさせていただいています。