日光東照宮: 鋳抜門

  栃木県の観光と歴史的建築物(ホーム)日光市:歴史・観光・見所日光東照宮>鋳抜門

鋳抜門
鋳抜門
日光東照宮境内・観光・見所
鋳抜門(東照宮)概要: 鋳抜門鋳抜門は初代将軍徳川家康の墳墓の上に建てられた宝塔(奥宮)の前に建てられた銅製唐門で、高さ3.4m、柱間2.5m、慶安3年(1650)に鋳造されています。門は全て青銅鋳物製で屋根、柱、壁と別々に鋳造されたものを組み立てられ、重厚な造りですが門扉の細かな意匠には金が使用されるなど格式と荘厳が感じられます。鋳抜門の製作者は幕府お抱えの鋳物師衛椎名伊豫。又、鋳抜門の正面に鎮座する狛犬は創建当時は木製でしたが寛永18年(1641)に石造となり、慶安3年(1650)、鋳抜門が再建された際に銅製に造りかえられています。製作者は鋳抜門と同じ衛椎名伊豫とされ、鋳抜門の附として国指定重要文化財に指定されています。

日光東照宮ナビ:
石鳥居五重塔表門三神庫三猿御水屋輪蔵鐘楼・鼓楼本地堂陽明門回廊奥宮
神輿舎神楽殿祈祷殿御本社眠り猫御宝蔵奥宮拝殿鋳抜門

日光山内・日光の社寺・世界遺産
 [日光東照宮] ・ [輪王寺] ・ [大猷院廟] ・ [二荒山神社] ・ [滝尾神社] ・ [本宮神社] ・ [四本龍寺]
住宅設計案内

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県の観光と歴史的建築物」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。