×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 栃木県・真岡市・能仁寺

  ホーム真岡市>能仁寺
【 概 要 】−能仁寺の創建は康永2年(1348)に足利尊氏が開基となり不識妙宥禅師(雲巌寺の開祖仏国国師の高弟)が開山したと伝えられています。元応2年(1320)尊氏の霊夢に観音菩薩の化身が立ち、その御告げから近くにある滝沢観音堂を創建しその別当として当寺を開山したとされ、千貫の寺領を寄進するなど庇護した事で寺運も隆盛しました。往時は鎌倉円覚寺派十刹の一つに数えられ下野国では、雲巌寺(大田原市)と並び格式の高い寺院となり、応永26年(1419)には称光天皇から「関東名藍」の扁額を賜っています。天正年間(1573〜92)に戦乱に巻き込まれ堂宇が焼失し一時衰退しますが元和元年(1615)に一空宗愚が再興し妙心寺派に改めました。江戸時代には安永8年(1779)と天明6年(1786)に火災にありますが仏殿(釈迦堂)は難を逃れたとされ内部には尊氏木像や位牌が安置されています。仏殿(釈迦堂)は室町時代末期に建てられたもので、宝形造、銅板葺、桁行5間、梁間5間、正面開口部は花頭窓、当時の仏殿建築の遺構として貴重な事から真岡市指定有形文化財に指定されています。
スポンサードリンク

能仁寺(真岡市):周辺の見所

長蓮寺 能仁寺 中村八幡宮 無量寿寺 久保講堂 海潮寺 般若寺 仏生寺 専修寺 芳全寺
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。