日光市: 裏見の滝

  栃木県の観光と歴史的建築物(ホーム)日光市:歴史・観光・見所>裏見の滝
日光市・観光・見所
 ・ 日光東照宮
 ・ 輪王寺大猷院
 ・ 輪王寺
 ・ 二荒山神社
 ・ 逍遥園
 ・ 四本龍寺
 ・ 本宮神社
 ・ 滝尾神社
 ・ 神橋
 ・ 虚空尊堂
 ・ 日光真光教会
 ・ 日光駅
 ・ 寂光の滝
 ・ 若子神社
 ・ 清滝寺
 ・ 霧降の滝
 ・ 華厳の滝
 ・ イタリア大使館
 ・ 中禅寺
 ・ 中禅寺湖
 ・ 二荒山神社中宮
 ・ 二荒山神社奥宮
 ・ 男体山
 ・ 竜頭の滝
 ・ 戦場ヶ原
 ・ 湯ノ湖
 ・ 湯滝
 ・ 裏見の滝
 ・ 坂下門(眠り猫)
 ・ 神厩(三猿)
 ・ 陽明門
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
裏見の滝・歴史・観光・見所
裏見の滝(日光市)概要: 裏見の滝は華厳の滝(日本滝百選)霧降の滝(日本滝百選)とともに日光三名瀑の1つに数えられている滝です。高さ約19m、幅約2mほどで他の2つの滝より小規模ですが当時は滝を裏から見ることが出来た事などから神格化され、名声では一番でした。寛永元年(1624)には天海大僧正の命で出羽三山山形県鶴岡市)から荒沢不動尊が勧請されると男体山(標高:2486m)、太郎山(標高:2367.5m)、大真名子山(標高:2375m)へ向う為の修行場となり行屋や茶屋なども出来て賑ったそうです。元禄2年(1689)4月2日には松尾芭蕉が奥の細道行脚の折、裏見の滝に訪れていて"廿余丁山を登つて滝有。岩洞の頂より飛流して百尺、千岩の碧潭に落たり。岩窟に身をひそめ入て、滝の裏よりみれば、うらみの滝と申伝え侍る也。"と記し、"しばらくは 瀧にこもるや 夏の初め"の句を残しています。
  スポンサーリンク
 
裏見の滝
裏見の滝
[ 付近地図: 栃木県日光市 ]・[ 日光市:歴史・観光・見所 ]・[ 奥日光 ]
裏見の滝 裏見の滝 裏見の滝 裏見の滝
住宅設計

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県の観光と歴史的建築物」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。